ブログの記事はじっくり時間をかけて書かないでもいい

じっくり何時間も時間をかけてようやく書き上げた記事も思ったような反応を得られなくて、手応えを感じられないことがある。

自分がいかに労力を注いでもそれに比例していいものが書けるとは限らないんだよね。

時間をかければかけるほど、自分はこれだけやったんだからという期待感が高まっていき、その期待を裏切られてしまった時のショックが大きくなっていく。

 

そうやって膨大な時間をつぎ込んでも思った通りの結果にならなければ絶望してしまうのも無理はない。

これだけやったはずなのに、自分の書く文章はこの程度のものなのかと自信をなくしていって、だんだんとブログに時間をかけることすら億劫になっていくだろう。

そこで自信をなくしてしまわないためには考え方を変えたほうがいい。

 

記事を書くのに時間がかかることがそのまま自分の達成感に繋がってしまうとするならば、時間がかからずに書ける方法を考えることで、自分の期待を上げすぎないようにできる。

「これだけやったのにこんなものか」というのを「これだけしかやってないのにこんなに!?」という風に切り替えることができれば、かけた時間に対する見返りを十分に感じられる。

 

まず時間がかかってしまうのは、考えながら書いているからだろう。

記事のテーマを考えて、タイトルを考えて、構成を考えて、見出しを考えて、文章を考えて、こうやって全て考えながらやるからとてつもなく時間がかかってしまう。

ある程度ざっくり適当でもいいから考える作業を減らせば大幅にかかる時間が減るはずだ。

 

考えながら書くということは、書くことが無意識にできていないってことになる。

意識を向けて気を使うからとても疲れるし、進むのだって遅い。

まずは無意識レベルで出来る範囲から、考えずに済むような記事を書いていけばいいんだ。

 

中身のレベルを気にしていても、何も考えずに書いた記事が今のきみの実力だ。

今の自分にできる範囲を受け入れてやれるところからやればいい。

出来ないことまで無理してあれもこれもやろうとするから時間もかかるし、労力に対する見返りも少なくなってイヤになってしまうんだ。

 

考えずに書くという感覚を掴めば、記事を書くのにそれほど労力も時間もかからないことが分かるだろう。

何も意識せずになんとなくやったことで成果を上げれば「これだけしかやっていないのに!?」とやる気にも大きく響く。

こんなに簡単ならもっと出来そうだっていう気持ちになったところから、自分にできることを広げていけば、そのうちに色々なことができるようになっているものだ。

 

いきなり自分へのハードルを上げすぎずに、どんな内容であれ簡単にできるところから手をつけ始めれば、そのうちブログの楽しさに目覚めるんだよ。

 

タイトルとURLをコピーしました